Just another WordPress site

キャリア大手による競争の激化

光回線ではセット割という様なサービスが設定してある場合が結構あります。
このセット割とは、携帯回線と光回線の二つを同じ時に契約を行うもので割引を得られるというサービスです。この分野では、この先キャリア大手による競争の激化が見通されています。
=^-^=知名度の高くないワイモバイルの場合、解約時にかかる解約金を低料金にしたり、契約の期間を縮めたりしてお試しの期間を利用するようにすれば、契約の数が増えていくでしょう。安さに魅かれても、1年以上の契約期間があったりすると、なかなか契約に踏み出せないものなのです。1か月ごとに請求される光回線の料金は決まった金額を引かれているため、あまり深く考えることはないかもしれませんが、携帯などの料金と合わせて考えると、毎月相当の金額を通信費用として支払っています。
複数の選択肢の中からちょっとでも安いプランで契約を締結したいものです。
プロバイダの速さに関してですが、大方の人はネット回線を利用しての閲覧、データのダウンロードというようなことでもっぱら使用していると思いますので、下り速度の方が重要です。
インターネットでHPを閲覧するくらいであれば、そうスピードが速くなくても問題なく使うことができます。
家の引っ越しがきっかけでフレッツ光の契約をやめた時に用心しておくことがあります。
土地付き一戸建ての賃貸の場合、ネット使用のために配線した回線をどの程度なら残せるのか見ておかないといけません。
その出来事によって撤去費用に変化がでるからです。



▲Pagetop